男子どうしでいろいろ語り合おう!

30年ひきこもった58歳女性 父を失い一人に…自宅手放さないと生活保護受けられずのイメージ画像
  • 31コメント
  • 2021/06/08(火) 9:25:06
  • このトピをミュート

30年ひきこもった58歳女性 父を失い一人に…自宅手放さないと生活保護受けられず

30年ひきこもった58歳女性 父を失い一人に…自宅手放さないと生活保護受けられず(読売新聞(ヨミドクター)) – Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/a28b2f42102a2b6f7f07211ed5002b449aba72c1
 <ひきこもり生活を送る中、親が亡くなり、一人になりました>。4月の大型連休前、便箋2枚につづられた封書が社会部に届きました。  差出人は大津市の歩美さん(58)(仮名)。几帳面(きちょうめん)な

外出が怖くて受診していませんが、「パニック障害」の一種だと考えているそうです。

「身を削って私を守ってくれた」という父親を失い、貯金も減るばかり。父親の思い出が残る自宅を手放さないと、生活保護も受けられません。

19年秋、地元の社会福祉協議会が中高年のひきこもりの電話相談をするとの新聞記事が目に留まりました。思い切って電話すると、職員が自宅を訪問してくれ、親身に相談に乗ってくれました。しかし、仕事の紹介の話が進み出した矢先、コロナ禍で話は立ち消えに。職員の訪問を受けるのも難しくなったそうです。

  • 保存
  • +3
  • -1
現在アダルトカテゴリの記事のみ広告を募集しています。 まずはお問い合わせをお願いします。
こんなイメージかな!?
  • 1
  • +4
  • -2
menu
沖縄タイムス+

「独り」をつないで ひきこもりの像

「姉を助けて」届かなかった母と妹の声 30年ひきこもり 親亡き後寝たきりに
2020年11月28日 09:50
ひきこもり ひきこもりの像

[「独り」をつないで ひきこもりの像]反響(中)

部屋に100体以上並んでいた姉の手縫いの人形。収納箱も丁寧に手作りされていた(提供)拡大する
姉の手縫いの人形。照明器具のない部屋だったため、日中に作業をしていたとみられる(提供)拡大する



 沖縄県出身で都内在住のサキさん(58)=仮名=は連載「『独り』をつないで-ひきこもりの像-」を読み、現在は那覇市内の老人ホームに暮らす姉(65)の姿を重ねた。30年ひきこもり状態だった姉は、両親亡き後の自宅で倒れ、寝たきりに。会話も困難になった。なぜ-。答えのない問いを追うサキさんは「誰でもひきこもりになり得る。家族の問題と突き放さず、社会全体で解決の糸口を考えてほしい」と寄せた。

 しっかり者の姉。幼稚園教諭を夢見て、専門学校を卒業して働いたが、数年で離職。実家で家事手伝いのように過ごす時間が増えた。自室にこもったのは30歳を過ぎてから。家族にもはっきりとした理由は分からなかった。

 母と最低限の会話をするのみで、食事とトイレ以外はテレビもラジオも照明器具もない部屋で過ごす。東京に嫁いだサキさんは帰省のたび両親に「どこかに相談しよう」と訴えたが、年老いた両親が動くことはなかった。「そのうち外に出るだろう」との期待もむなしく、30年余りを重ねた。

 両親が健在の間は保てていたバランスは、2014年、姉の年金を払い終えた父が87歳で他界し、一気に崩れた。大黒柱の父を亡くした母は「あの子を殺し、私も死ぬ」と口走り、不安定になることも。父の死から数カ月後、母は夜中に自宅で転び、動けなくなった。姉は倒れた姿を目にしても起こすことができず、母は知人に発見される翌朝まで倒れたままだった。

 要介護となった母が老人ホームに入り、独り暮らしとなった姉は、それから1年ほどたったある朝、食料を届けてくれるいとこに台所で倒れているのを発見された。脳出血を起こし、言語障害とまひが残り、今は老人ホームに暮らす。

   ◇    ◇ 

 サキさんは「本人と家族だけでは葛藤ばかり。第三者の助けが必要」と振り返る。父の死後すぐ、母を連れて「姉を助けて」と役所や保健所、病院を回ったが「暴力はない」「本人が来ていない」などと言われた。やっとつながったのは、定期訪問してくれるNPO。話を聞いてもらい母の気持ちは落ち着き、訪問時は姿を見せない姉も時折、にこやかな表情を見せるようになった。光が差しかけた直後、姉は倒れた。

 3年前。母が85歳で他界し、サキさんは那覇の実家を処分するため姉の部屋に初めて足を踏み入れ驚いた。物があふれる中で目にしたのは100体以上の人形。母の着物の端切れなどを使い、手縫いされたものだ。「器用な手先を生かせる仕事をしていれば、姉にもまた違う人生があったのかも」。長年抱いていた恨みにも近い感情が癒えた。

 優しい目で姉を見られるようになったが、もう姉は話せない。サキさんは「ひきこもりが問題にならないような、誰にとっても居心地のいい社会ができるように」と願った。

(「家族のカタチ」取材班・篠原知恵)

この記事をアプリで読む
ご意見をお寄せください

ひきこもり当事者や家族、支援に関わる方々の幅広いご意見や情報、疑問をお寄せください。こちらの入力フォームからアクセスするか、郵送は郵便番号900-8678、那覇市久茂地2の2の2「沖縄タイムス編集局社会部」宛て。ファクスは098(860)3483。



  • +3
  • -2
引きこもりが長いと就職も結婚も難しいと思います。それに、引きこもりが長引くほど他人から嫌われます。
  • +6
  • -2
仕事をしてると嫌な上司や同僚に失礼な言葉を言われて病む事は、よくあるし礼儀知らずの人が謝らずに自主退職して、病んだけど家に引きこもったら自宅の固定電話に無言電話や郵便受けに、怪しい新興宗教のチラシを入れられたり家の近くを、うろつかれたり毎年、誕生日に遠回しの嫌がらせされるから、引きこもったら損です。長くても5年が限界です。30年も、引きこもったら犯罪だと思います。
  • +5
  • -3
人間関係が乱れるからって、引きこもったら親が亡くなると家から出ていかないと生活保護を受けられないなんて就職と結婚は、どんなに遅くても親が元気なうちに、しとけば良かったと思います。両親が亡くなったら就職も結婚も無理だと思います。
  • +2
  • -2
8050の末路
  • +1
  • -2
30年も引きこもって親の金で衣食住不自由しなかったのならそれはそれで恵まれてるわ
その寄生してた親がなくなったから今度は国や税金で何とかしろって話なだけでしょ
  • +1
  • -2
現在アダルトカテゴリの記事のみ広告を募集しています。 まずはお問い合わせをお願いします。
受け身型は、嫌われると思います。
  • +1
  • -2
ひきこもりの人は就労支援に行く人達も多いみたいだが失礼な職員に傷つけられ病む人もいると聞きますが、ひきこもりになると両親が亡くなると誰も助けてくれないと思います。
親が元気なうちに、ひきこもりをやめてたらよかったのにね。
  • +2
  • -2
ひきこもり就労支援、半数の自治体が断念 「新しい環境に拒否感」(1/2ページ) - 産経ニュース
http://www.sankei.com/smp/life/news/171127/lif1711270003-s1.html
 ひきこもりなどを対象に就労準備を支援する事業を、主に事業主体となる福祉事務所を設置している全国の自治体の半数以上が断念していたことが26日、厚生労働省の調べで分かった。対象者が「新しい環境に拒否感がある」「必要性を理解していない」と訴えて…
>>15さすがに30年も、ひきこもりで両親が亡くなったら就労支援でも無理だと思います。
  • +2
  • -2
>>13どこにでも嫌な人はいると思いますが、ひきこもりだと地獄だと思います。
  • +2
  • -2
>>13福祉職員でも、ふざけた奴はいるよ。忘年会で臨時女性職員に酒を勧めて拒否されたら「あんた某宗教の信者だろ!?」とからんでた。アルコールアレルギー体質の人は男女関係なくいます。同じ男として上司を反面教師だと思う。
  • +2
  • -2
現在アダルトカテゴリの記事のみ広告を募集しています。 まずはお問い合わせをお願いします。
ひきこもりから社会復帰した人達は、自身の年齢がひきこもり始め当時の年齢で止まってるから他人から年齢を聞かれるのを嫌がるし、年齢非公表の芸能人をリスペクトしてるね。20代半ばで、ひきこもりになった人は、まだ20代の感覚で止まってる。
  • +1
  • -1
ひきこもりは婚活しても見合い写真を見せたら会わずに断られても当たり前だと思います。
  • 1
  • +2
  • -1
>>23ひきこもりは20代でも老けて見えるね。
>>24逆に仕事をしてる人は70代でも若く見えて可愛らしいです。
  • +3
  • -1
現在アダルトカテゴリの記事のみ広告を募集しています。 まずはお問い合わせをお願いします。
あまり内容に関係の無いコメントはお控えください。
  • +1
  • 0
コメントを投稿する
記事・画像の引用

利用規約を読んでくれるとうれしいです!