男子どうしでいろいろ語り合おう!

『妖怪ウォッチ』がオワコン化した理由は? 終わりなき迷走の歴史…のイメージ画像
  • 4コメント
  • 2022/01/14(金) 0:33:13
  • このトピをミュート

『妖怪ウォッチ』がオワコン化した理由は? 終わりなき迷走の歴史…

『妖怪ウォッチ』がオワコン化した理由は? 終わりなき迷走の歴史… – まいじつエンタ
https://myjitsu.jp/enta/archives/99173
2014年からアニメが放送され、時代を象徴するほどのブームを巻き起こした『妖怪ウォッチ』。当時は「ネクストポケモン」との呼び声も高かったが、なぜ今では見る影もないほど廃れてしまったのだろうか?「妖怪ウォッチ」はレベルファイブ主導によるメディアミックスプロジェクト。

2014年からアニメが放送され、時代を象徴するほどのブームを巻き起こした『妖怪ウォッチ』。当時は「ネクストポケモン」との呼び声も高かったが、なぜ今では見る影もないほど廃れてしまったのだろうか?

忘れかけている方も多いかもしれないが、「妖怪ウォッチ」はレベルファイブ主導によるメディアミックスプロジェクト。漫画やゲーム、アニメなどでさまざまな展開を見せ、子どもたちから熱狂的な人気を博した。「新語・流行語大賞」のトップテン入りや、『NHK紅白歌合戦』のコラボ企画など、その足跡はあまりに輝かしい。

■迷走し続けた『妖怪ウォッチ』の軌跡…
制作サイドもこのままではマズいと思ったのか、2018年からアニメ「妖怪ウォッチ」は新章となる「シャドウサイド」に突入。

しかし「シャドウサイド」はむしろ不評を招く結果に。その後もシリーズ再編が繰り返されたものの、形勢逆転とはいかなかった。

「妖怪ウォッチ」が廃れた理由について、ネット上では《デザインがニッチ寄りになったせい》《コンテンツの浪費が酷かったから》など、さまざまな意見があがっている模様。とはいえ決して公式が天狗になっていたわけではなく、試行錯誤を繰り返していたのは間違いない。

「ポケモン」のピカチュウはますます人気が過熱し、世界規模で愛されている状況。ジバニャンが起死回生のパンチを繰り出す日は来るのだろうか…。

  • 保存
  • +2
  • 0
現在アダルトカテゴリの記事のみ広告を募集しています。 まずはお問い合わせをお願いします。
>>1
【画像】「妖怪ウオッチ」ジバニャン、パクリ疑惑の「カツオにゃんこ」の真実 | バラエティ劇場
http://www.zarafa-films.com/8874.html
「妖怪ウオッチ」のメーンキャラクター、ジバニャンにそっくりな、ゆるキャラ「カツオにゃんこ」がパクリ疑惑で話題になっています。果たして真実はどうなんでしょうか?
高知県の、ローカルキャラクターのカツオにゃんこをジバニャンがパクったからかな❗❓
  • +2
  • 0
>>1地元では放送されてないから、わからないけど高知県の、ご当地キャラクターと似て可愛いですね、ジバニャンは。
  • +2
  • 0
ポケモンと類似のアニメのデジモンもありましたね。
  • +2
  • 0
セーラームーンでさえ10年も続かなかったのにプリキュアは20年近くも人気だが放送されてない地域は一度も見た事がない。
  • +2
  • 0
コメントを投稿する
記事・画像の引用

利用規約を読んでくれるとうれしいです!